【媒体掲載】自治体通信第5号インバウンド需要の掘り起し

2016年6月7日発刊「自治体通信第5号」に『インバウンド需要の掘り起し:訪日外国人客の行動をデータ分析して観光施策を確かなものにする』として、弊社BI技術本部副本部長 データプラットフォーム事業開発部部長 中土井利行のインタビュー記事が掲載されました。

昨今の訪日外国人客の動向と共に、その実態を把握するために有効な第三者データおよびその活用シナリオを分かり易くご紹介しています。「自治体通信」は全国の自治体トップ・職員・議員に贈る自治体の“経営力”を上げる情報誌(フリーペーパー)です。自治体ご担当者様以外でも本記事は以下Web版でご覧いただけます。

自治体通信ONLINE記事はこちら

jichitaitsushin


3rd Party Data Gallery On Demandでは上記でご紹介した自治体様、訪日外国人向けサービス企業様、観光・施設業様にお役立ていただけるを統計データを無料から閲覧いただくことが可能です。是非チェックしてみてください。

3pdg_service

前へ

”口コミ”をインバウンド分析に活用する

次へ

2016年5月訪日外客数速報:世界各国の夏休み