MotionBoardの地図上にピンを表示する方法

こんにちは!!
スーパーGEOブラザースのSATAKEです。

第1部ではMotionBoardの地図でどんなことが出来るか
第2部では地図上にエリアを表示する方法

をご説明いたしました。
読んでいただきましたか??

それでは、次にはMotionBoardの地図にピンを立てる設定をやってみましょう!!

ピンを表示する方法は「GEOコーディングを利用する方法」と「緯度・経度を利用する方法」があります。
まず、GEOコーディングを利用する方法をご紹介しますね。

GEOコーディングは、住所の文字列を緯度経度という地球上の座標を表す数値に変換してから扱います。
MotionBoardのGEOコーディングを利用して表示する方法は有料オプションとなりますが、MotionBoardのGEOコーディングは
かなりすっごいです!
どのくらいすごいかはWingarc1st Official The BLOGの「”ちょっぱや”ジオコーディング」をご覧ください。


それでは作り方です。

■必要なもの
・MotionBard・・・利用できるもの
・地図に表示する住所データ・・・下記のようなデータを利用します。
※住所データはCSV、Salesforceなどどこのデータでも結構ですが、「会社名」と「住所」は必須です。


1、GEOアイテムをボード上に作ります。
2、データソースを新規作成します。
※1、2、の手順はエリア表示の作成手順と一緒です。キャプチャは「エリア表示編」をご参照ください。
3、接続先を「ボード専用text」を選択して、住所情報の入っているCSVファイルをアップロードして選択します。


4、データソースエディタ画面はこのままOKボタンをクリックします。

 

 5、GEO新規作成画面に戻ったら、下記の設定を行います。
  利用データタイプ:明細データ
  マッピングタイプ:GEOコーディング
  項目設定:企業名/表示名
       住所/住所1

 

 6、レイヤー追加ボタンをクリックし、レイヤーファイルは「日本_市区町村_ポイントレイヤー.mbgis」を選択します。


7、設定がすべて終わったら下記の状態になりますので、今一度ご確認を!
設定完了したらOKボタンをクリックしてください。


8、これで地図が表示できました!!


 

次に緯度・経度を利用してピンを表示する方法です。

■必要なもの
・MotionBard・・・利用できるもの
・地図に表示する住所データ・・・下記のようなデータを利用します。
※今回は例としてCSVデータで行いますが、住所データはSalesforceなどのデータでも結構ですが、会社名と緯度・経度が必須です。
※住所を緯度経度に変換するサイトはWEB検索で探していただけましたら見つかります。


それでは作り方です。

1、GEOアイテムをボード上に作ります。
2、データソースを新規作成します。
※1、2、はエリア表示の作成手順と同様です。キャプチャは「エリア表示編」をご参照ください。
3、接続先を「ボード専用text」を選択して、住所情報の入っているCSVファイルをアップロードして選択します。


4、データソースエディタ画面はこのままOKボタンをクリックします。


5、GEO新規作成画面に戻ったら、下記の設定を行います。
利用データタイプ:明細データ
マッピングタイプ:緯度経度
項目設定:企業名/表示名
     緯度/緯度
     経度/経度


6、レイヤー追加ボタンをクリックし、レイヤーファイルは「日本_市区町村_ポイントレイヤー.mbgis」を選択します。

 

7、設定がすべて終わったら下記の状態になりますので、今一度ご確認を!
設定完了したらOKボタンをクリックしてください。


8、これで地図が表示できました!!


ここで完成です!!

ここでちょっと地図の表示に関してTIPSです!

TIPS1:ピン表示への変更方法
作成したてのポイントでは点で表示してますが、ピンにするには画面右に
表示されているデータパネルの「ポイント表示方法」をシンプルからポイントに変更してください。


TIPS2:ピンの詳細設定
ピンの大きさや色などを変更することができます。
設定場所は以下の通りです。
1、プロパティをクリックします。


2、ポイントの詳細設定はポイント設定タブ内のピンで設定可能です。

 

TIPS3:データパネルの表示項目の変更
地図右側のデータパネルの表示非表示や表示項目を少なくすることもできます。
設定方法は、地図のプロパティから行えます。


1、地図アイテムのプロパティをクリックします。

2、詳細設定にあるデータパネルタブを開き表示非表示の設定を行います。

いかがでしたか??

 次回は、つ、ついにスーパーGEOブラザーズの弟登場です!!

まだまだスーパーGEOブラザーズのBLOGは続きますので
これからもお楽しみにー!!

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

前へ

MotionBoardの地図上にエリアを表示する方法

次へ

様々なマッピング -どんなデータがどうやって見えるの?-