MotionBoardの地図上にエリアを表示する方法

こんにちは!!
スーパーGEOブラザースのSTEAK・・・もといSATAKEです。

第1部ではMotionBoardの地図でどんなことが出来るか説明いたしました。
読んでいただきましたか??
読んでない方はこちら

それでは、今回はMotionBoardの地図でエリア表示の設定をやってみましょう!!

まずは地図上にエリアを表示するアイテムから作成していきます。

今回使うデータは2月にMotionBoardにバンドルされた「国勢調査2015_市区町村別人口編1」を利用します。
ということは・・・今回作る地図は市区町村でエリアが分かれて、人口別で色分けされた地図となります。

エリア表示で利用する材料です。
・MotionBard・・・利用できるもの

早速作っていきます!
※Motionboardへのログイン、ボードの作成などは割愛させていただきますね。


1、GEOアイテムをボード上に作ります。

2、データソースを新規作成します。

3、接続先を「3PDGオープンデータ」を選択して、「国勢調査2015_市区町村別人口編1」を選択します。

4、行項目に「都道府県名」「市区町村名」「市区町村コード」を設定し、集計項目に「人口総数」を設定します。

5、GEO新規作成画面に戻ったら、下記の設定を行います。
  利用データタイプ:チャートデータ
  項目設定:行項目の値をエリア名として扱う

6、レイヤー追加ボタンをクリックし、レイヤーファイルは「GIS_DATA(2015全国市区町村名a)_中解像度.mbgis」を選択します。

7、設定がすべて終わったら下記の状態になりますので、今一度ご確認を!
  設定完了したらOKボタンをクリックしてください。

8、これで地図が表示できました!!

TIPS:エリア表示が不要でしたら、左側の「エリア・経路名を表示」のチェックを外せば表示が消えます。

いかがでしたか?
簡単でしょ!!

今日はここまで。


次回は5月1日に「地図上にピンを表示する方法」をお伝えしますね!


GW出勤をしている、休暇中で時間があるのでMBのボードを作りたい!
という方は是非チェックしてみてくださいね!

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

前へ

MotionBoardの地図って何が出来るの??

次へ

MotionBoardの地図上にピンを表示する方法