3PDGで人気のオープンデータ、MotionBord Cloud上での無償利用が可能に!<前編>

MotionBoard Cloudが民間版RESASともいえる統計データ付きBIに進化しました!

このブログを読んでくださっている読者の方には、3PDG On Demandの無償コンテンツに利用しているオープンデータが弊社のBI製品に組み込まれたとお伝えすると分かり易いかもしれませんね。

3rd Party Data Gallery On Demandでも人気の「平成27年国勢調査人口等基本集計」「日本の地域別将来推計人口」に「平成26年経済センサス」を加えた3つのオープンデータをクラウド型BIダッシュボード「MotionBoard Cloud」に標準搭載、本日2月23日より提供を開始します。もちろん既存ユーザー様も現在ご利用中の環境からこれらのデータを無償で利用いただくことが可能。これらを利用することで全国市区町村レベルでの産業構造や現在及び将来に渡る人口動態を把握できるようになります。 

オープンデータの利用を促進するためにはそれをいかに活用するかのアイディアが重要になってきます。近年データ提供側である自治体や公共機関が主導してアイディアソン、ハッカソンといった取り組みが増えており、いかに自分達の生活に役立てるかという視点での携帯アプリが多数開発されています。また、まち・ひと・しごと創生本部事務局から2015年に提供が開始された地域経済分析システム「RESAS」は、官民ビッグデータを集約・可視化した、地方自治体向けの情報提供プラットフォームで、その提供開始から1年経過した2016年4月には、全国1788自治体の95%にあたる1706自治体が利用、具体的な事例も公開され始めています。そのような時代背景を受け、企業側にも自社が保有しているデータと組み合わせ、新たな視点、価値を生み出す方法はないかという視点でオープンデータ活用に積極的に取り組む姿勢が求められています。

今回提供する各種オープンデータとそれらのデータを可視化する、若しくは自社データと掛け合わせて分析するための“オープンデータ活用テンプレート”も標準提供します。オープンデータを様々な角度から見ることも、掛け合わせてあるダミーの自社データを本物の自社データと入れ替えることにより、直ぐにボードでみていた分析ができるようになるなどとても便利なんです。

前半の今回はお馴染みの「平成27年国勢調査人口等基本集計」データと自社データを掛け合わせた分析テンプレートをご紹介します。後半では今回新投入した「平成26年経済センサス」をご紹介したいと思います。

今回MotionBoard Cloud上で提供する国勢調査データは、人口総数、5歳ピッチ人口とその男女別、15歳未満、15歳から64歳、65歳以上人口の年齢3区分別人口、外国人人口、世帯総数、持家・公社・民間借家などの住宅種類別世帯数などの情報が含まれます。これらの情報を2010年度と2015年度の国勢調査データの比較値として見ることができるようなテンプレートを提供しており、例えば以下のように”現在東京23区において居住人口が多いのは世田谷区であるが、この5年間で居住者が最も多く増えたのは中心部の港区、千代田区、中央区である”ということがわかります。

上記は”データを見るだけ”のテンプレートですが、様々な見方をすることで色々な気づきを得ることができますね。ただここまでは3rd Party Data Gallery On Demandでも出来ていたこと。今回MotionBoard Cloudに標準搭載した目的は”自社データとの掛け合わせ” ”集計分析している自社データに第三者データであるオープンデータを加えることで新たな視点を得る”ことです。

では自社データの分析が国勢調査データを掛け合わせることでどんなふうに変わるのか、テンプレートを基に見ていきましょう。

先ずは”売上データ”との掛け併せテンプレートから見ていきます。ドロップピンが落ちている店舗別にの月別売上とその商品構成図(円グラフ)を見ることができます、ここまでは店舗別自社データの可視化で皆さんも既に実施されているかと思います。さらにこのベースに国勢調査データを重ねることで店舗周辺の人口分布のプロファイルと商品カテゴリの相関を検証することができるようになります。ちなみにこのデータは活用をイメージしていただくためのダミーデータですので、自社のデータを置き換えてオリジナルのダッシュボードを作成いただくことができるようになっています。

次に”会員データ”との掛け合わせテンプレートをご紹介します。このテンプレートでは、地図上に会員の分布をプロットし、例えば渋谷区の会員の構造を人口ピラミッドで表現します。それに対し渋谷区の人口総数を参考にそのエリアの会員シェアや人口構造との比較などを行い、新規顧客獲得エリアや施策の検討やに店舗における商品の品揃えへの活用に利用できます。

MotionBoard Cloudでは30日間の無償トライアルも行っているので是非この機会に試してみてくださいね!トライアルについてはこちらをご参照ください。

明日は是非ご紹介したい「平成26年経済センサス」データをフル活用するテンプレートをご紹介します!

前へ

海外旅行が大好きな国はどこ?

次へ

3PDGで人気のオープンデータ、MotionBord Cloud上での無償利用が可能に!<後編>